記事一覧

2/15 平昌 選手村 No.3

 

Your name






そしてたどたどしく俺に言う。俺は大げさにため息をつきながら、隣に座った。できるだけ椅子を側に引き寄せて。

「いやだってほんとだし」

「は、はあ!? なんでそう……」

は愛してないの? 俺のこと」

「えっ!?」

「俺は言ったんだから、次はの番でしょ」

頬杖をついて、に向かってにんまりと笑いながら俺は言う。

「え、わ、私、歩夢くんを……ああああい、愛して……」

なんで録音の準備をしてなかったんだろ。これマジで言ってくれるやつじゃん。

余裕の笑みを浮かべつつも、内心ドキドキしながらの言葉を待つ俺。ーーしかし。

このタイミングで、スマホのアラームが鳴った。どうやらのスマホらしいが。

ははっとして口を噤み、スマホを取り出して画面をチェックする。……ちっ、もう少しだったのに。

1人残念がる俺であったが。

「ちょ、ちょっと歩夢くん!こんな話してる場合じゃない!」

急にが慌てた様子になった。

「え?」

「ほら! 今日は朝の番組の出演が山ほどあるんだから! 平昌から日本へ中継の! もう行く準備しないと!」

「……えぇ」

そういえばそうだった。昨日の今日だから、俺は今日もとても忙しい一日になる予定だったのだ。

しかし今の今まで忘れていたのと、の愛の言葉が聞けなかったのとで、ちょっと力が抜けてしまっている。ーーまあ、出演本番はちゃんとやるけれど。

「まだ飯も食ってないのに俺」

「あ! そうか! じゃあ急いで食べて!」

「……やる気出ない」

「ちょっとお! 何言ってんの!」

「ーーじゃあさ」

俺はに顔を近づけて、耳元で囁くようにこう言った。

「またキスさせてくれる?」

言った瞬間、がぴくっと身体を震わせた。そして赤面しながらも、信じられない、というような面持ちで俺を見る。

「だっ、だから! もうしないてっば!」

「えー、なんで。嫌じゃないんでしょ?」

「そ、そういう問題じゃないの!」

「……昨日はからしてくれたのに?」

狼狽するの顔を容赦なく覗き込む。するとは一段とうろたえたようだった。

「あっ、あれは! なんていうか……その、雰囲気というか流れというか……」

「えー何それ俺よくわかんない」

昨日の名前の優しさにつけ込んで言う。我ながら酷いと思ったけど、だって仕方ないじゃん。

の反応がかわいすぎるのが悪い。

「したくなったらいつでもしていいよ」

「ーー! と、とにかーく! もうしないったらしない! 早くご飯食べなさーい!!」

「ーーはいはい」

そろそろヤバいな、と思った俺は言葉にしぶしぶ従う素振りを見せ、食事の準備をしようと席を立った。

しかしビュッフェ台に行く前に、横に座っているの顔を、改めて覗き込んだ。

「ーーねえ、

「な、何?」

先程までの会話が会話だからか、俺に対して少し警戒するような素振りの。俺はそんなことは無視し、満面の笑みを浮かべてこう言った。

「これからもよろしくね」

するとは目をぱちくりさせて、こう答えた。

「ーー? 何言ってるの? 当たり前じゃん」

至極当然のような口調。俺は何も答えず、笑みを深く刻んで彼女を少しだけ見つめてから、ビュッフェ台へ向かって歩み始めた。

ずっとずっと、よろしく頼むよ、

例えこの先に、何が起ころうとも。

ーー俺はもう、君なしではいられなくなってしまったのだから。


いただけると感激です→ web拍手 by FC2

前のお話   五輪編あとがきへ

コメント

いつも更新楽しみにさせてもらってます!ほんとうに作者さんは文才あるかたなんだなぁと読みながら思ってました。しかも長編で、このお話ができた時から更新を確認するのが毎日の日課になってきています笑
これからも応援してます!!

あと、歩夢くんが熱出したり怪我したりしてるのを看病するシーンも、主人公と絆深まるのにいいかなと思ったので、もしよければいれてみてほしいです笑笑

Re: タイトルなし

いつも楽しみに読んでいただいていたようでうれしいです! 文才があるだなんて私にはもったいないお言葉でございます! ありがとうございます💕
これからもしばらくはやっていく予定ですので、楽しんでいただけたら嬉しいです💕

そしてなんと! 次に書く予定だった話は五輪後に歩夢くんが風邪ひいちゃう話だったんです! すごい偶然💕 あいりさんすごいです!
近々アップする予定なので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います✨
応援してますありがとうございます!

おへんじありがとうございます!
そうなんですか!笑
嬉しいです!楽しみにしてますね!!

Re: あいりさん

たぶん数日中に公開する予定なので、お待ちください。
楽しみにしていただいてありがとうございます💛

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name