記事一覧

2/14 平昌 選手村 No.1

 

Your name






歩夢side

決勝当日の朝、いつもより少し早く目覚めた俺は1人で食堂で腹ごしらえをした。胃が重くならず、エネルギーに効率よく変換できる食材を吟味して。ちなみに卓はまだ寝ていた。

食べ終わり、食堂から出ようとすると、出入口付近のテーブルでが1人で食事を摂っているのを発見した。

混んでいたから、がいたことに今まで気づかなかった。少し惜しい気がしたが、気を取り直して俺はと向かい合わせになるように座った。

しかし、一眼レフの小さい画面を、少し顔をしかめて見ているは俺には気づかない。テーブルの上に載っている食器類を見ると、すでに朝食は食べ終えているようだった。

「おはよ、

するとはカメラに落としていた視線を俺の方に向け、少し驚いたような顔をした。

「あ、歩夢くん! いつの間に」

「ん、今来た」

「そうなの? おはよ」

笑みを浮かべてそう言う。しかし俺は、先程の彼女の苦い表情が気になった。

「さっき、カメラ見て渋い顔してたけど。どしたの?」

「え? あー……」

するとは苦笑を浮かべた。

「昨日の予選の写真みてたんだけどさ、あんまりうまく撮れてなくて……」

「そうなの? 全部?」

「あ、いや。來夢くんとかショーンとかスコッティとか……は、まあまあ撮れてるんだけど……」

「え、俺のは?」

うまく撮れたらしいメンバーの中に俺のが入っていなくて、俺は反射的にそう尋ねた。は気まずそうに少し俯いた。

「ごめん……あんまり撮ってない……」

「……え、なんで」

のバツの悪そうな声に、思わず少しイラッとした声を上げてしまう俺。

いつもあんなに写真を撮りまくってるが、あんまり撮っていないだなんて。俺の予選をちゃんと見てなかったということなのだろうか。

「ごめん。……だってさ」

「何?」

はいまだに俯き加減だったが、何故かいつの間にかほんのり頬が赤く染まっていた。何かに恥ずかしがっているような、そんな様子。

俺は一瞬前までイライラしていたくせに、かわいい、と反射的に思ってしまった。

「歩夢くんの滑ってる姿が……かっこよすぎて」

「ーーえ」

「写真撮るの忘れて、ぼーっと見ちゃうんだよね……。Xゲームの時もそうだったから、大会の写真はいつも撮れない……今度こそ撮りたいのに。今日も撮れないのかな……」

照れながらも、言いづらそうに、しかし困ったようには言った。

ーーちょっと待ってよ、何この子。

可愛すぎるだろ、さっきから。

俺は思わず席から立ち、の傍らに歩み寄った。はそんな俺の突然の行動を、目を見開いて眺めていた。

そして俺はいつものように、の頭を撫でるように優しくぽんぽんと叩く。するとの頬もいつものように赤みが増した。

すでに抱きついたりキスしたりしてるのに。これしきのことで赤くなるんだよなあ、は。

「じゃ、今日もたぶん撮れないね」

「え! そんな……なんで」

「ーーだってさ」

不安な顔をするだったが、俺は彼女の眼前で、不敵に笑ってみせた。

が写真のことなんて忘れちゃうくらい、すごいの見せてやるから」

俺がそう言うと、は少しの間、赤くなった顔で俺をぼーっと見ていた。そして、しばらくした後。

「うん!」

は花が咲くように破顔して、力強く頷いた。

こんな風に微笑まれたら、ますます負けるわけにはいかない。もちろん、最初から勝つつもりで挑んではいるけれど。

ーー勝つよ、俺は。ショーンにもーー羽生くんにも。 俺は改めて、強く深く自分の中で決意した。


お気に召したらお願いします→ web拍手 by FC2

前のお話   次のお話

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name