記事一覧

1/20,コロラド州 アスペン空港 no1

歩夢side
 

 俺はソファの背もたれに体重を預けて、空港の高い天井をぼうっと眺めていた。

 予定外のことが次々に起こって、精神面への疲労度がかなり高い。

 体は元気だけど。

 本当なら、今頃ボードに乗って調整しているはずなのだから。

 ここ、アスペン空港に着いたとたん、俺の通訳兼マネージャーの携帯に家族から電話が入った。

 家族が突然倒れたらしく、かなりの焦り用だった。

 それでも仕事を全うしようとする彼に、俺は小さく笑ってこう言った。

  ”俺は大丈夫だから、帰っていいよ”

 彼は安堵したかのような笑みを浮かべると、足早に空港カウンターへと向かった。

 偶然すぐ帰国便に乗り継げる便があったらしく、「ごめん歩夢! ありがとう!」と言うとすぐに去ってしまった。

 ……実際、大丈夫だと思っていた。

 ここから宿泊予定のロッジがあるところまではタクシーですぐだ。英語はそれなりにできる。……だが。

 預けた荷物のうちの……それも一番大事なボードが、何かの手違いで別の空港に行ってしまったのである。

 調べてもらうと、アメリカ国内のわりとすぐ近くの空港に運搬されてしまっていたらしい。

 不幸中の幸いだ。成田から乗ったから、世界のどこに行ってもおかしくないからな。

 空港のスタッフの話によると、数時間でボードは戻ってくるらしい。まあ、大事にならずにすんだな。……だけど。

 オリンピックの準備(前回メダリストということで取材が多かった)で、片山よりもだいぶ遅く現地入りになったから、一刻も早くボードを走らせたかった。

 パイプは会場ごとによって高さや角度、雪の状態が違う。早く現地のパイプに慣れたかった。

 しかし、ボートは手元には少なくともあと数刻は戻ってこない。

 戻ってくるまでまだまだ時間はあるのだから、どこか移動して気分転換してもよかったけど、精神的に疲れてしまったそんな気分になれなかった。

『はあ……』

 ん……?

 無意識のうちに嘆息をすると、絶妙なタイミングで同じような溜息が俺の声に重なった。

 済んだ女の声だった。だが、彼女も溜息をつくような状況であるからか、疲労感の入り混じった声だった。

 俺は気になって、声のした方……自分の左隣を向いた。


励みになります→ web拍手 by FC2

次のお話へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name