記事一覧

3/21 新潟県村上市 瀬波温泉旅館 No.2

 Your name 姓 名 ーー本当に完璧な顔をしている、と改めて思う。 しかし頭痛を訴えていた歩夢くんの顔はやはりどこかいつもより青い色味をしていて。 今日の村上市はとても寒い。真冬用のアウターが必要なくらいの気温だが、歩夢くんは五輪スーツのみでオープンカーの上に1時間も立ち、笑顔で市民に手を振っていた。 そして...

続きを読む

3/21 新潟県村上市 瀬波温泉旅館 No.1

 Your name 姓 名 side 「……実はさ、」 「ーーえ?」 「パレードの最中からちょっと頭痛がしてたんだ」 「え!?」 苦笑を浮かべながら言う歩夢くんの顔は、確かによく見るといつもより青白い。 ーーUSオープンが歩夢くんの優勝により幕を閉じ、スノーボードハーフパイプの今シーズンも終結した、3月下旬のこと。 オリンピックで...

続きを読む

ドレスアップ No.7

 Your name 姓 名 side 会場へと戻る歩夢くんの背中を、私はぼんやり眺め続けていた。そして暗闇の中なので、やがて見えなくなってしまった。 私は深く嘆息をし、彼の背中を追うのをやめる。 ーー歩夢くんに、あんなことをされたら、私……。 あの後、思わず口走ってしまいそうだった言葉。思い返すと恐ろしくて、私はあの瞬間に電...

続きを読む

ドレスアップ No.6

 Your name 姓 名 「え……?」 俺の言葉を聞いたの瞳に、戸惑いの光が宿る。しかしそんなことには構わずに、俺は強くを見つめたまま、低い声で言葉を続ける。 「触らせたくないんだよ。ーー誰にも」 「どういう、こと……?」 突然露わにした俺の独占欲に、の理解が追いついていないようだった。 普段から魅力的な。しかし、今日はいつも...

続きを読む

ドレスアップ No.5

 Your name 姓 名 歩夢side 会場の外へ出て、辺りを見回しながら小走りでを探すと、あっさりとその姿が見つかった。 は会場の出入口近くにあった備え付けのベンチに腰掛け、ぼーっとした表情で空を眺めていた。 ーー本人は無自覚だろうけど、その妖艶な出で立ちで無防備な表情は……その、なんていうか。ーーそそる。 しかし、どっ...

続きを読む

ドレスアップ No.4

 Your name 姓 名 「来夢くん!? 大丈夫なの!?」 「……天使は実在したのだ……神よ……」 來夢を心配すると、昇天しそうな來夢を見て、俺は苦笑を浮かべた。 ステージで受賞した優秀選手賞の挨拶をしている間。フロアにいるが、男性に声をかけられて、きょとんとしている顔をしているのが見えた。 來夢には、俺が席を外している...

続きを読む

ドレスアップ No.3

 Your name 姓 名 歩夢side の横を男が通り過ぎる度に、皆が皆一瞬目を見開いて驚愕の表情になり、その後ものことをこれでもかと言うくらい目で追い続ける。 そして俺がの傍らから離れずに少し鋭い視線を彼らに浴びせると、彼らはすごすごと退散するか、俺の目を盗んで彼女を見つめ続けるか、のどちらかだった。 SNOW AWARDの会場...

続きを読む

ドレスアップ No.2

 Your name 姓 名 歩夢side ーー全く、何逃げようとしてんだは。 隣の部屋で、がおネエにメイクアップやらヘアセットやらをされているのが完了するのを、俺は少し不機嫌な心情で待っていた。 今日一緒に出席することを伝え忘れていたかもしれない俺も悪いが、「無理!」なんて、速攻拒否することないのに。 かしこまった場所が苦手...

続きを読む

ドレスアップ No.1

 Your name 姓 名 side 「歩夢くん、ネクタイちょっと曲がってる」 「……マジで? あ、ほんとだ。サンキュ」 ーー今日はSNOW AWARD 2018という、スキー連盟主催のイベントの日。この1年間の優秀選手を表彰する会で、オリンピック銀メダリストの歩夢くんも、当然招待されている。 この会ではドレスコードが決まっていて、女性はドレス、...

続きを読む

髪型(拍手返信あり)

 Your name 姓 名 某高級時計イベントにて。 控え室でスタイリストの用意した服に着替えた歩夢。スタイリストは誰かに呼ばれ席を外している。 「わー、いつもパーカーとかシャツだからそういうの新鮮!」 歩夢「……変かな?」 「ううん! 似合ってる! 歩夢くんってなんでも似合うよね!」 ーーなんてことを素で笑顔でが言ってくるもん...

続きを読む

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name