記事一覧

3/10 No.1,2のあとのおまけ(拍手返信あり)

 Your name 姓 名 來夢「わー! 俺もちゃんのお見舞い行きたかったー! なんで起こしてくんねーのー!?」 英樹「はいはい。もう時間ないから。ファイナル終わってからな」 來夢「ちゃんにおはようのキスしてもらわないと元気出ないー!」 友基「そんなの今まで1度もないでしょ。今後もないけど」 來夢「今後も!?」 ーー歩夢がの見舞いを...

続きを読む

3/10 コロラド州 ベイルリゾート 病院 No.2

 Your name 姓 名 「ーーそのピアス」 が右耳にしていたのは、俺が今しがたまで付けていたはずのシルバーのピアス。そした左耳には、俺が先日プレゼントしたゴールドのピアスがつけられていた。 ーーそれって、つまり。 「1個、歩夢くんのと交換しちゃった」 今は見えないけれど、俺の右耳にはのゴールドのフープピアスが付けられてい...

続きを読む

3/10 コロラド州 ベイルリゾート 病院 No.1

 Your name 姓 名 歩夢side 次の日、が入院している病院が開いてからすぐに、俺は1人見舞いへと訪れた。 ちなみに一緒に行きたがりそうな來夢はまだ寝ていたので、助かった。と二人で話しがしたかったから。ちなみに他のメンバーは空気を読んでコテージに残ってくれた。英樹はそんなことまで考えてなさそうだが。 看護師に案内され...

続きを読む

原くんのインスタに登場(拍手返信あり)

昨日原くんのインスタストーリーに歩夢くんが登場していました。 原くんのインスタストーリーに歩夢くん💕2人学校で会えたんだねー、よかったね!pic.twitter.com/rCmOmvs5ho— ayumu1129hirano (@ayumu1129hirano) June 27, 2018 原くんありがとう! 今年初めて学校で会えたんだねー。久しぶりに会えたようでよかったです✨ そして歩夢くんちょっと微笑んでいるような真顔で(笑)、やっぱり原くんには気を許してるの...

続きを読む

3/9 コロラド州 ベイルリゾート コテージ No.6

 Your name 姓 名 「ーー大丈夫?」 「大丈夫……とは言いきれないかな……。でも……救急車ってほどじゃ……な、い」 途切れ途切れに言う。多少のことなら、の性格上たぶん大丈夫と言うから、わりと深刻な状態だと考えていい。 「ーー救急車の方がいいんじゃないの」 「いや……マジそれは結構、です……」 「ちゃん! どんな状態!? どこか痛い!?...

続きを読む

3/9 コロラド州 ベイルリゾート コテージ No.5

 Your name 姓 名 歩夢side 「ーーいなかったよ。樹里のコテージにも、二人とも」 「じゃ、じゃあどこ行ったんだよ二人とも!」 海祝の言葉に、來夢が狼狽えた声を上げる。コテージのリビングで、俺たちは全員落ち着かない様子でうろうろしていた。 から「樹里と会ってくる」と連絡があって1時間半後。 ちょっと遅くないか? 様子見て...

続きを読む

3/9 コロラド州 ベイルリゾート 雪原 No.5

 Your name 姓 名 樹里side ーー完敗だ。ちゃんの背中に顔を押し付けながら、素直にそう思った。 最初は、歩夢が女の子を雇うなんて珍しいな、とだけ思った。スノーボードにしか興味のない歩夢のことだから、ちゃんを雇ったのはただ彼女が有能というだけで、他に理由なんてないだろうって。 だって、本当に歩夢は浮ついたこ...

続きを読む

MEN’S CLUBについて※ネタバレ注意(拍手返信あり)

MEN’S CLUBに載っていた歩夢くんの記事について語ります。買う予定でまだ見てないよーって人は見ない方がいいと思います。 ↓以下内容について。 ちょっと写真かっこよすぎないですか! こんなにかっこよくて人間できてて世界一の男の子なんて存在するの!? 歩夢くんって2次元から飛び出してきたの!? と思うくらいかっこいい写真でしたね! ハイブランドもそつなく着こなしちゃう歩夢くん。背は低いけど、表情や雰...

続きを読む

3/9 コロラド州 ベイルリゾート 雪原 No.4

 Your name 姓 名 「樹里ちゃん……?」 樹里ちゃんがなかなか立ち上がらないことに気づき、私が首を傾げる。 すると樹里ちゃんは、青ざめた顔をして、掠れた声でこう言った。 「……右足が痛いの」 「え!?」 「挫いたみたい……。頑張れば立てそうだけど、歩くのは……」 呆然とした様子の樹里ちゃん。先ほど確認した通り、ここからコテージま...

続きを読む

3/9 コロラド州 ベイルリゾート 雪原 No.3

 Your name 姓 名 side いつの間にか日は完全に沈んでいて、少し離れたコテージの明かりと、雪の白さ以外、辺りは暗闇に包まれていた。 スマホの時計が示す時間から考えると、私と樹里ちゃんはすでに1時間ほどはネックレスの探索を続けていた。 しかし当初思った通り、この白い雪の中に紛れ込んだシルバーのネックレスを探し当てる...

続きを読む

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name