記事一覧

村上編 あとがき

村上編終わりましたー。 大会編でもなくちびっこの時の2人の話ということで、今までとは全然違うテイストでしたが、お付き合いいただけた方はありがとうございます💕 ちなみにこの話は「secret base 〜君がくれたもの〜」という曲のイメージです✨皆さん知っている曲だと思いますが! 今回はお子様2人のお話だったので、歩夢くんは主人公ちゃんに迫らないし、いちゃつくことともなく、物足りない方も多かったかもしれませんね……。 ...

続きを読む

3/22 新潟県村上市 瀬波温泉旅館 No.4

 Your name 姓 名 side 歩夢くんに支えてもらいながら、ドロップインに成功する私。 スケートボードに乗るのは14年振りで、少し……いや、とてつもなく不安だったけれど、私の魂がバランスの取り方を少しだけ記憶してくれていたらしい。 昔……あーくんと過ごした真夏の日々を思い出した私は、あの頃のようにスケボーを滑れる気がした...

続きを読む

3/22 新潟県村上市 瀬波温泉旅館 No.3

 Your name 姓 名 歩夢side 「もう忘れちゃったなあ、乗り方」 が苦笑を浮かべながら、俺から借りたスケートボードの上に片足を乗せると、ふらつきながらプッシュした。 の乗り方はやや心もとなかったけれど、少しは体が覚えているのだろうか。なんとか転倒せずに、数メートル無事に進んだ。 ーー幼少の時の、淡くおぼろ気な思い出...

続きを読む

2004/8/31 新潟県村上市 スケートパーク

 Your name 姓 名 歩夢side が父親の運転する車に乗り込むと、容赦なくエンジンがかかる。後部座席に座るは窓を開けて俺の方を見たけれど、俺は母さんの傍らで、不貞腐れて彼女から目を逸らして突っ立っていた。 今日でとはお別れだ。俺がどう足掻いたところで、いくら泣き叫んだところで、それは変えられない。 「ーーあーくん」 ...

続きを読む

2004/8/30 新潟県村上市 秘密基地 No.2

 Your name 姓 名 の大人な言動の意味がわからず、苛立った俺は、彼女に詰め寄る。 俺と一緒にいたいんじゃないのかよ。なんでそんなこと言うんだよ。 ーーすると。 「ーー!」 はそんな風に荒ぶる俺の頬をそっと掴んで。 俺の唇に、自分の唇を一瞬だけ合わせたんだ。ーーテレビで見たことがある。キスってやつだった。 「あーくん...

続きを読む

プロフィール

泰人

Author:泰人
昔いろいろ夢書いてました。

久しぶりに書いてます。

名前変換

 

Your name